保健学
ページ内検索
English / アクセス / / / 医学総合ポータル /
HOME 組織・施設概要 専攻紹介 教員紹介 入学案内 教員公募 保健学図書室

2019-05-03

大型モダンフロアベッド ENTRE アントレ マルチラススーパースプリングマットレス付き クイーン(SS×2)ベッドフレーム
【商品三辺】
クイーン(SS×2):幅172×長さ215×高さ45cm
【その他機能情報】
コンセント:1500W 1口(スイッチ付き)
照明:15W 白熱球(E-12口金)
【販売用完成商品材料種類】
本体:化粧繊維板
【販売用生産・製造国】
中国
【販売用保証区分】
1年保証
【販売用組立・完成品区分】
組立品
【その他組立情報】
※プラスドライバーをご用意ください。
【注意情報】
※各サイズ・重量は概算です。
※本製品はスプリングマットレス使用を基準とし強度計算されております。床板にはかならずスプリングマットレスを敷いてご使用ください。
※モニターの機種や設定により、写真の色調は実物と異なる場合がございます。
※製品のデザイン・仕様・梱包は予告なく変更することがございます。あらかじめご了承ください。
【梱包サイズ】
クイーン(SS×2):本体 横幅:48cm×高さ:88cm×奥行:19cm 24kg

マルチラススーパースプリングマットレス
【商品三辺】
クイーン(Q×1):幅78×長さ195×高さ16cm(×2)
【その他サイズ情報】
クイーン(Q×1):コイル数:648×2
【販売用完成商品材料種類】
側地:ポリエステル、綿、レーヨン(両面多針キルティング加工、抗菌・防臭・防ダニ加工)
コイル:線径1.6mmマルチラススーパースプリング
中材:ウレタン、フェルト、パームパッド
【販売用生産・製造国】
日本
【販売用保証区分】
5年間(メーカー保証2年+販売元保証3年)
【注意情報】
※クイーンサイズは1枚ではなく2枚でのお届けになります。
※マットレスを長くご愛用いただくために、1〜3ヶ月に一度頭と足の位置を入れ替えたり、裏返しにすることをおすすめします。
【梱包サイズ】
クイーン(Q×1):マットレス 横幅:196cm×高さ:16cm×奥行:81cm















ラインナップ
ワイドK200
シングル
セミダブル
ダブル
セミシングル
アントレベッドフレームのみ
クイーン(SS×2)
キング(SS+S)
アントレスタンダードボンネルコイルマットレス付き
クイーン(SS×2)
キング(SS+S)
アントレスタンダードポケットコイルマットレス付き
クイーン(SS×2)
キング(SS+S)
アントレプレミアムボンネルコイルマットレス付き
クイーン(SS×2)
キング(SS+S)
アントレプレミアムポケットコイルマットレス付き
クイーン(SS×2)
キング(SS+S)
アントレ国産カバーポケットコイルマットレス付き
クイーン(SS×2)
キング(SS+S)
アントレマルチラススーパースプリングマットレス付き
クイーン(SS×2)
キング(SS+S)


【大物商品注意事項】搬入経路をご確認ください。

※重要※
こちらの商品は、別途送料がかかります。(※送料は地域ごとに変わります)
御注文いただいた後、折り返し送料を含めたお見積もり金額を、御連絡をさせていただきますので、ご了承くださいませ。
カテゴリトップ > ベッド・収納・家具 > 家具
価格
87,800円 (税込 94,824 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
2 × フレームカラー
  選択してください
ウォルナットブラウン
ブラック
×・・・売り切れ
★送料   
●注文数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

保健学科オープンキャンパス
opencampus
名古屋-延世大学間学術研究交流会
YONSEI
トータルヘルスプランナー養成コース
THP養成コース
リーディング大学院
Well-being in Asia 実現のための
女性リーダー育成プログラム

Well-being in Asia
脳とこころの研究センター
脳とこころの研究センター
東海がんプロフェッショナル養成プラン
東海がんプロフェッショナル養成プラン
予防早期医療創成センター(PME)
予防早期医療センター
名古屋大学大学院医学系研究科・医学部保健学科
〒461-8673 名古屋市東区大幸南一丁目1番20号
All Rights Reserved, Copyright © Nagoya University Graduate School of Medicine
NU